澤田屋ランドセルが出来るまで

ランドセルはすべての部品を含めると200以上となります。
数多くある、部品を弊社の中国工場の職人が
ほとんどの作業を手作りで行なっております。
また、ランドセルは1つのパーツが欠けるだけで完成しません。
1つ1つの工程を100%完了して初めて
お子様に使用して頂くランドセルが出来上がるのです。

お子様に安心してランドセルを使用して頂く為にも、
製造工程をステップ形式でご紹介します。

まずは、生地に問題がないかを
くまなくチェックします。
ここで、生地の破損(破れ等)
があるとすべて破棄になります。
生地からランドセルの各部品を
き取っていきます。
抜き型という金属の枠を生地に置き、
機械で上から圧をかけ、
裁断をし、生地を無駄にせず
すべてのパーツ取りを行います。
生地を切り、
基準を満たした適切な厚みにします。
サイドやフタ部分などに入る、
刺繍部分を機械で裁縫していきます。
ハートなどのデザイン刺繍は、
安全性には関係がない為、
位置の狂いがないよう機械で刺繍を行います。
ランドセルは生地だけではありません。
ダルマカンやナスカンなど
多くの金具類が付属して初めて
お子様にお届け出来る
ランドセルになります。
背板とかぶせの縫い合わせを行います。
ランドセルづくりは
すべてが大事な工程ですが、
この作業も非常に大事な工程です。

前段と本体の側面を組み合わせていきます。
加工して切り抜いたパーツを
1つずつ手作業で組み合わせていきます。

徐々にランドセルの形になってきましたね。

最終の作業です。
1つ1つのパーツをミシンで繋いでいきます。
ここで刺繍のラインが斜めになったり、
刺繍が一定の幅ではない場合は、
破棄になります。
すべてのパーツを組み合わせる
とっても大事な作業になります。

最終の検査になります。
刺繍の歪み・足りないパーツなど、
すべてを徹底的にチェックし出荷します。

当店では、お客様に良いものを
提供するため、3回検品を
行なっております。