お手入れ方法
ランドセルと小学生は切っても切り離せない存在です。6年間使用するのでやはり綺麗に長く使用したいのはどんな親御様も同じ気持ちです。お部屋と同じようにランドセルも日々使うものなので、しっかりお手入れすることで綺麗を長持ちさせましょう。とっても簡単なお手入れ方法でランドセルがさっぱりピッカピカ、長く綺麗に使用する為の方法をご紹介します。
お手入れ方法の解説下に、長く持たせる為のテクニックもご紹介しておりますので合わせてご覧くださいませ。

ステップ1 用意するもの

・タオル(雑巾でもOK)
・ブラシ(歯ブラシでもOK)

どんなタオルでも大丈夫ですが、贅沢を言いますと手触りがふわっとした、めが荒くない素材が好ましいです。

用意するもの

ステップ2 隅に溜まったゴミを掃き出す

ランドセルはたくさんのパーツから出来ている為、パーツが組み合わさった部分に汚れやゴミが入り込みます。まずは用意していたブラシや使わなくなった歯ブラシでランドセルの隅や溝に入り込んだゴミを掻き出しましょう。内側の底の部分やふたの付け根は特にチェックします。消しゴムのカスなどもよく溜まりやすいのでしっかりかき出してください。長く溜まったゴミや汚れは、素材自体を腐食し本来の素材の良さが少しづつ失われていきます。たった1つの手間で6年間の持ちが全く変わってきます。

隅までゴミを掻き出す

・チェックポイント

内側の底
教科書を入れるフタの付け根
外ポケットのチャックの周り
ランドセル本体の柱となるマチ
(縦の柱になってる箇所)

ステップ3 濡れタオルで拭く

一番効率的に汚れを取るお手入れ方法は、しっかり絞った布(タオル)で取るのが一番です。また、水拭きで落ちない場合は、中性洗剤(ご家庭にある選択時に使用する洗剤で大丈夫です)を使用してください。
中性洗剤を水で薄め、そこに乾いたタオルを入れしっかり絞ってください。この方法だとほとんどの汚れは落ちます。注意点として中性洗剤がランドセルについたままにしてしまうとそこからカビが発生したりするのでしっかり絞るようにしてくださいね。それでも気になる場合は、もう1枚濡れタオルを用意して中性洗剤を落とす作業をしてあげましょう。

タオルで汚れを拭く

・チェックポイント

身体に接触する肩ベルト
背中に当たる部分
前ベルトの下部分
ランドセルの底

ステップ4 乾拭き

濡れタオルで落とした後、先ほど解説したように中性洗剤が残ったままになってしまうとカビや腐食の原因になります。しっかり乾拭きをするように心がけましょう。
以上のたった4ステップで6年間の持ちが全然変わってきます。当然、澤田屋ランドセルは6年間持つように耐久性などをテストし製造しておりますが、より綺麗にご使用頂く為に定期的なランドセルのお手入れは是非お願いしたいと思っております。
手入れ後

お手入れ方法の注意点

1、こすり過ぎない

ランドセルは見えない部分にゴミやカスが溜まりやすいですが、強くゴシゴシしすぎると素材自体が痛む可能性があります。汚れを落とす時は、優しくタオル・ブラシで掻き出してあげましょう。

2、とにかく乾拭き

お子様が雨の中、学校や塾から帰った時は、乾拭きをしてあげてください。雨に濡れたまま家に入ってくると部屋も水浸しになります。雨が降って帰ってきたら乾拭きする!を心がけましょう。

3、食べ物類の汚れ

一番、厄介なのが食べ物関連の汚れです。ランドセルに臭いが着くと落ちづらい為、そのような汚れがあった場合は早めに対処してあげてください。

4、ランドセルの保管場所に注意

ランドセルのお手入れが終わったら、直射日光が当たらない風邪通しの良い場所で乾かしてください。湿気が多い場所や直射日光に当たる場所の保管には注意してください。

5、文房具類による汚れ

ランドセルに文房部による汚れがついた場合はどうするべきでしょうか?下記の表で解説しておりますのでご参考ください。

汚れの原因 対処方法
鉛筆 消しゴムを使用 強くこすると痛む為注意
ボールペン 消毒用エタノールを使用する
水性ペン 水拭き 落ちにくい場合は中性洗剤を使用
油性ペン アルコールを含ませたコットンを使用
墨汁 ベンジンを使用 布や綿棒につけ拭き取る
絵の具 素人では難しい為、当店にお問合せください


6、革用クリームの使用はしない

当店のランドセルの素材は人工皮革です。つまり、人工皮革に革用のクリームを塗ってしまうと、そこからひび割れやフタの表面が剥がれてしまう事もあります。ですので、革用クリームは絶対に使用しないでください。

7、ランドセルカバー(黄色の安全カバー)は時々外す

革や人工皮革も同じですが、ランドセルにずっとカバーをつけることで常に湿気や水分がランドセルに付着している状態になります。人工皮革が水に強いと言っても常時、水分にさらされていると当然、耐久性が落ちていきます。そうならない為にも、定期的にランドセルに付けたカバーは外すように心がけましょう。

8、お手入れの頻度は月1回

月1回程度で問題ありません。当然、汚れ具合によりますので一概には言えませんが、ランドセルの汚れがひどくなってからお掃除するよりも、月1回のお手入れをする事で面倒さもかなり軽減されます。時間は15-30分程度で問題ないでしょう。

9、人工皮革と本革の手入れ方法の違い

素材によって若干違いますが、大きく変わることはありません。本革の場合、革用クリームでしっかり保護してあげましょう。しかし人工皮革の場合は絶対に革用クリームを使用しないでください。ひび割れの原因にもなります。

まとめ

ランドセルは小学校になるお子様が全員6年間使用するものです。6年後といえば小6のお子さんはすでに高校3年生、スタッフの子供達も中学生や高校生です。
私の子供は活発な男の子でした。しかも全く掃除もしなかった事実もあります。当然ながら小4を過ぎた頃にはランドセルはボロボロ・・・。「もっと新しいうちから、手入れしておけばよかった」と親ながらに後悔しています。
他の子と比べるわけではありませんが、手入れをしている子のランドセルは6年生でも綺麗です。している場合としてない場合だとその差は歴然です。

積み重ねではありますが、するかしないかで6年後には全然違ってきます。雨の日は特に必要ですからね。澤田屋ランドセルは人工皮革ですしので、耐久性も防水性も優れています。6年間一緒に過ごすパートナーですし、6年後私のように後悔しない為にも毎日の手入れをしてあげてくださいね。