ランドセルの背カンで背負い心地も違う!?

ランドセルのパーツの名前は普段だと聞かない専門用語が多いです。背カンはランドセル本体と肩ベルトをつないでいる部品のことです。(下記画像の赤で囲われている部分)

背カン

背カンは、肩ベルトを動かす役割がありランドセルの背負い心地を左右する大事なパーツです。ランドセルのクッション部分と子供の背中の間にすき間が出来ないようにする機能もあります。肩に感じる重さを分散させて、背負いやすくしています。また、パーツとしては6年間で一番動く部分でもあります。当然、一番動く物ですから他のパーツに比べると修理の件数が比較的多くなる傾向もあります。ただ、今のランドセルに使われているパーツは昔とは違いとても頑丈に出来ています。早々壊れる事はないのでご安心ください。
さて、重要な役割を持つ背カンには、主に3つのタイプがあります。それぞれの特徴を知って、後悔しない為にもしっかり学んでいきましょう。

左右が別々に開く仕様

肩ベルトが左右別々に動く背カンです。右腕を通すと右側が動き、左腕を通すと左側だけが開くというもの。澤田屋ランドセルも同じ仕様の背カンです。お子さまの動きに合わせて開閉するので、ランドセルが背負いやすいというメリットがあります。また、一番スタンダードな種類でもあるので、多くの主要メーカーがこのタイプを取り入れています。むしろ、全く同じパーツを使用している事もあるので、左右が別々に動くこちらを選ばれるのが良いと思います。「稼働ウィング」がお子さまの動きに合わせて開閉し肩にフィットするので安心です。左右が別々の動きをするものを「非連動型背カン」と呼び、現在のランドセルメーカーの多くに採用されております。

左右がいっしょに開く仕様

このタイプは、右側を動かすと、同時に左も同じ幅で開くというもの。セ◯バンさんが採用していますね。耐久性や背負い心地は、左右が別々に動く背カンとほぼ同じと言えるでしょう。

固定式

パーツ自体が固定されていて、左右に開きません。部品が少ないため壊れにくいというメリットがあります。一方、稼働域がなくお子さまがランドセルを背負う時に窮屈さを感じる場合もあります。つまり成長して身体が大きくなると同時に背負い辛さが段々増してくるという事です。こちらの仕様のランドセルメーカーは少ないです。壊れにくいメリットもありますが、背負い心地で考えるとひと昔前のタイプですから、比べるとどうしても劣ってしまう可能性もあります。ただ、どの背カンも耐久性に大きな違いはありません。ですので、最終的にはお子様の背負心地を重視すべきかなと思います。

おすすめのタイプは?

ランドセルの背負いやすさでは、「左右がいっしょに開くタイプ」あるいは「左右が別々に開くタイプ」がおすすめです。ですが、この2種類のランドセルの背負い心地はほとんど違いはないと言えます。好き嫌いがありますので実際に背負って頂きどちらが背負いやすいのかご判断頂ければと思います。耐久性に関してもどちらが劣っているなどはありませんのでご安心くださいませ。

素材のチェックも忘れずに!

以前は金属の背カンが主流でしたが、最近は耐久性のあるプラスティック素材を使うメーカーが増えています。プラスティック=すぐに壊れそう!というイメージもありますが、実際は柔軟性もあり、とても丈夫に出来ています。多くのランドセルメーカーが導入している理由は強く安心出来る素材だからこそです。澤田屋ランドセルも同素材です。また、素材の厚みが4ミリ以上あればまず安心です。
幅が4ミリ以上

注意点

女の子に特に気をつけてほしいのですが、ランドセルを背負う際に背カンに髪の毛が挟まってしまうケースがあります。髪の毛が挟まらないような工夫を施していますが、動くものなので100%挟まりません!とは断言出来ません。ですので方法としてランドセルの背クッション部分とお子様の背中の隙間を無くす事で挟まりが大きく軽減されます。

まとめ

ランドセルのパーツの中で一番動きが多い為、壊れやすい可能性も高い背カン!しかしそれはあくまでも全体と比べてです。当店では実際に修理依頼は年間で数件程度です。というように近年のランドセル自体の耐久性は大きく飛躍しており、多少雑に扱っても壊れないようになっています。気をつけるポイントは、「非連動型背カン」「連動型背カン」どちらにするのか?という事だけで大丈夫です。展示会等に行った場合にこの知識があるだけでランドセルの背負い方の見方が変わってきます。
ランドセルのご購入前には種類・素材をしっかり聞いて壊れやすくないか、修理の保証はあるのかなどを確認しておきましょう。種類と特徴を知って、お子さまに合ったランドセルを選んでくださいね。

ランドセルのパーツをじっくりご覧になりたい方は下記で詳しく解説しております。
ランドセルのパーツ解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧へ戻る

topへ
澤田屋ランドセルが安くて高品質の秘密とは?澤田屋ランドセルが安くて高品質の秘密とは?