賢いランドセル選び 「背カン」は背負いごこちを決める重要なパーツ

 「背カン」ってなに?


ランドセルでは、ふだんあまり聞かない専門用語が使われています。「背カン」もその一つではないでしょうか。背カンは、ランドセル本体と肩ベルトをつないでいる部品のことです(画像の赤で囲われている部分)。肩ベルトを動かす役割があり、背負いごこちを左右する大事なパーツです。
また、ランドセルと背中の間にすき間ができるのを防ぐ機能もあり、重さを分散させて背負いやすくしています。
重要な役割を持つ背カンには主に3つのタイプがあります。それぞれの特徴を知って、ランドセル選びに役立ててくださいね。

固定されている背カン

肩ベルトが固定されているタイプで、左右に大きく開きません。部品が少ないため壊れにくいというメリットがあります。一方、肩ベルトの稼働域が狭く、お子さまが背負う時に窮屈さを感じる場合もあります。現在はあまり見られないタイプです。

左右がいっしょに開く背カン

このタイプの背カンは、右の肩ベルトを動かすと、同時に左のベルトも同じ幅で開くというもの。「天使のはね」のセイバンが採用しています。左右のベルトが同じように開くので、重心が一定に保たれて、ランドセルが身体の中心にキープされるということです。

左右が別々に開く背カン

肩ベルトが左右別々に動くタイプの背カンです。右腕を通すと右の肩ベルトが動く、左腕を通すと左の肩ベルトだけが開くというもの。お子さまの動きに合わせて肩ベルトが開閉するので、背負いやすいというメリットがあります。
「フィットちゃん」をはじめ、多くの主要メーカーがこのタイプを取り入れています。「澤田屋ランドセル」もその一つ。「稼働ウィング」がお子さまの動きに合わせて開閉し、肩にフィットするので安心です。


どのタイプがいいの?

背負いやすさでは、「左右がいっしょに開くタイプ」あるいは「左右が別々に開くタイプ」がおすすめです。この2つでの背負い心地のちがいは、ほとんどないと言えそうです。お子さまに直接背負い比べてもらうことをおすすめします。

素材のチェックも忘れずに!


以前は金属の背カンが主流でしたが、最近は耐久性のあるプラスチック素材を使うメーカーが増えています。素材の厚みが4ミリ以上あればまず安心です。一方、格安のランドセルでは薄いプラスチックを使っている場合があるので要注意。壊れやすくないか、修理の保証はあるのかなどを、お店やカタログで確認しておきましょう。
背カンの種類と特徴を知って、お子さまにあったランドセルを選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧へ戻る

クーポン券