ランドセルの自動ロックと手動ロックを徹底解説

自動ロック

ランドセルには「自動ロック」と「手動ロック」の2種類あるのはご存知でしょうか?

「そんなの当たり前!」というお声が聞こえてきそうですが、初めてランドセルを選ぶ方は手動タイプしか知らないという方が意外と多いんです。澤田屋ランドセルのショールームで実際にご試着頂く時に、「そんなのあるんですか?」という驚きを隠せない親御様もいらっしゃいます。当然といえば当然ですよね。私たちの子どもの頃には手動しかなかったのですから。

また、ランドセル選びは選択肢が多すぎて、もう何が何だかわからない!という親御様もいらっしゃいますがご安心ください。
今回の記事ではどちらが良いのか?を徹底的に解説していきます。それぞれのメリットとデメリットもお伝えしますので是非ランドセル選びの参考にして頂ければと思います。

自動ロックの導入時期

まずは、いつ頃からランドセルに導入されたのでしょうか?
まだまだその歴史は浅く、導入されたのは2010年くらいからになります。当時は新しい機能でしたので自動ロックという機能だけに興味を持つお子様も多々いらっしゃいました。
ですが、今では自動ロックのランドセルが当たり前になりつつあります。しかし、当時は「開発されて間もない」ということもあり故障がよくありました。そこで澤田屋ランドセルはすぐには取り入れず、錠前の耐久性が向上してからそのパーツを取り入れる事にしました。
また、錠前はほとんどのランドセルメーカーが同じ物を扱っており(当然、すべてが同じではありません)錠前に劣る劣らないはほとんどありません。壊れないように開発も十分に進められてきた為、自動ロックを採用したランドセルが壊れやすいという事は今ではほとんどないと言っても良いでしょう。

錠前とは?

カブセを閉めた時にクルッと回る部分です。
自動ロック

前置きが少し長くなりましたが、早速比較していきましょう。

自動ロック

上記で解説した通り、錠前にランドセルのカブセをグッと押し込むと鍵がかかるタイプです。現在、ほとんどのメーカーが採用しています。ちなみに澤田屋ランドセルでは「プレミアム ディオ」「プレミアム ラティブ」「プレミアム ラティブⅡ」の3シリーズが自動ロックです。
自動ロック

メリット:操作が簡単

自動なのでランドセルの開け閉めに慣れていない子どもでも簡単に操作できます。開ける時は左右どちらかに回してカギを外します。

デメリット:簡単操作だから閉め忘れる

自動なので、閉め忘れがあります。機能自体の問題というよりも「忘れていた」という事がほとんどのようです。他にも、壊れやすいと言われていますが、今では製品の品質向上もありほとんど壊れません。

自動ロックのランドセル一覧
自動ロック


手動ロック

カブセを錠前に当てて、手で回して開け閉めするタイプです。澤田屋ランドセルでは「ロイアル」シリーズが手動ロックとなっています。

メリット:お手頃価格

お手頃なお値段であることが挙げられます。また、子どもが自分でカギを開け閉めするので最後まで荷物の管理に気をつける習慣がつくことを期待できます。
「ロイアル」シリーズは、他のシリーズに比べてとてもお安くなっております。なぜ、価格が違うのかは、パーツの仕入れ価格が違う為です。当然自動の方が仕入れ価格が上がりランドセル本体の販売価格に差が出ているということです。

デメリット:閉め忘れることも

閉め忘れがもっとも多いです。カギをかけ忘れてお辞儀をしたらランドセルに入れていた中のものがバラバラと飛び出した!そんな場面があるかもしれません。また、カギを外したまま走ると、カブセが左右に揺れて他の子どもに当たる危険もあります。注意する必要がありますね。

荷物が飛び出す
親御様には経験があるかも?

手動ロックのランドセル一覧
手動ロック

まとめ

今回の比較で言いたい事はたった1つです!自動でも手動でもどちらでも良いとう結論です。どちらかが劣っているというわけでもありません。大事なのはもっと肝心の、ランドセルの耐久性・軽さ、そして子どもが一番気になるランドセルの見た目のデザインを重視してあげるのが一番良い方法だと思います。

澤田屋ランドセルでは両方の機能を備えたランドセルをご用意しております。それでも壊れるのが心配というお客様にもご安心して頂けるよう、当店ではしっかり6年保証とサポートもさせて頂いておりますのでどうぞご安心くださいませ。

ランドセルのパーツをじっくりご覧になりたい方は下記で詳しく解説しております。
ランドセルのパーツ解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧へ戻る

topへ
澤田屋ランドセルが安くて高品質の秘密とは?澤田屋ランドセルが安くて高品質の秘密とは?