ランドセルのサイズはA4フラットファイルを

ランドセルA4フラットファイル

ランドセルには、主に「クリアサイズ」と「フラットサイズ」の2つの大きさがある事はご存知でしょうか。この2つは何が違うのか?どちらを選んだらよいのか、しっかり解説していきます!

ファイルの種類

学校で実際に使用するファイルは大きく分けてA4フラットファイルとA4クリアファイルがあります。基本的に主に配布されるプリントを保管したり、自宅に持ち帰る用に使用します。

A4クリアファイル」「A4フラットファイル」
「A4クリアファイル」(左) 「A4フラットファイル」(右)


・A4クリアファイル

学校から子供たちに配られるプリントはA4クリアサイズが主です。横幅22cm・縦幅31cmとなります。

・A4フラットファイル

たくさんの配りものがあります。その時に役立ちます。たくさんのプリントを1つにまとめられるので、ランドセルの中もしっかり整理でき親御様にもストレスがありません。配られるプリントがごちゃごちゃにならない為にも、1つ持っておくととても重宝します。横幅23cm・縦幅31cmとなります。

・「A4クリアファイル」と「A4フラットファイル」の違い

どちらも縦幅は同じですが横幅が約1cm違います。現在、多くのランドセル専門店もA4フラットファイルが主流になりつつあります。しかし、以前は幅が22cmサイズのランドセルばかりでした。それに伴いランドセルも2つのサイズに増えたんですね。どちらのサイズを選べば良いのかは下記で解説していきます。

 A4クリアファイル  A4フラットファイル
プラスチックの透明 シートが2枚重なったファイル
横幅:22cm
パンチで穴をあけた紙をしまう為に使用
横幅:23cm


なぜ、A4フラットファイル対応のランドセルが主流に?

最近ではフラットサイズ対応のランドセルが主流になりつつあります。それはなぜでしょうか?それは、持ち帰る教科書の量が増えた為です。また、学校によりますので一概には言えませんが、フラットファイルを使用する配り物が増えた事も要因になっています。小さいサイズのランドセルだと、フラットファイル用の配り物を入れた時に下記のような状態になります。

フラットファイルが曲がる

上記画像は従来のサイズのランドセルです。たった1cmの差ですが、ファイルがここまで曲がってしまっています。この曲がって場所が取られた分だけ、教科書などを入れるスペースが少なくなるという事ですね。そこで入らなくなった教科書などは子供たちがレッスンバッグなどに入れて持ち帰るんです。学校によっては、レッスンバッグ禁止などがございますので、説明会などでしっかり把握しておきましょう!

ランドセルを購入する前に、必ずチェックして頂きたい事

フラット対応のランドセルか、クリア対応のランドセルか?どちらを選ぶのか迷った時には下記の項目を参考にしてください。また、説明会などの時に質問するか、同じ学校に通っている先輩ママさんたちに質問してみてください。

・小学校でA4フラットファイルを頻繁に使用するか?
・ランドセルに入れて必ず持ち帰る物は?
・レッスンバッグなど手提げ袋を学校側で許可しているか?

上記の、項目を把握していれば、サイズに迷うことはありません。

・小学校でA4フラットファイルを頻繁に使用するのか?

学校によって全く違います。大きい配り物はありますが、ランドセルに入れて自宅に持ち帰らず、保管する場合もあります。

・ランドセルに入れて必ず持ち帰る物は?

持っていかなければいけない物がありますので、下記にリスト化しました。

・教科書
・ドリル
・筆箱
・連絡帳
・連絡袋
・自由帳
・下敷き
・ハンカチ
・ティッシュ
・給食袋
・名札

多少の前後があったとしても、少なくてもこれくらいの量をランドセルに入れて持ち帰る必要があるんです。
曜日によっては

・体操着袋
・上履き袋
・雑巾
・歯磨き袋(コップ・歯ブラシ)

など、更に増えてしまいます。

・レッスンバッグなど手提げ袋を学校側で許可しているか?

ここも重要ですね。入りきらない荷物はレッスンバッグなどに入れますが、学校によっては、手が塞がるのは危険!ということで禁止しているところもあります。必ず事前に確認をしておきましょう。

結局、どっちのサイズのランドセルを選べば良いの?

昨今、荷物を入れて持ち帰る量は年々増えてきています。また、教科書がカラーになった為、教科書自体の重さも増しています。つまり、ランドセルを選ぶなら、確実にA4フラットサイズ対応のランドセルを選ぶべきです。
なぜ、大きめを選んだ方が良いのかは

・余裕を持って荷物を入れられて綺麗に収まる

大きいサイズの配り物がないと言っても荷物はそれだけではありません。上記のリストのように荷物はたくさんあります。ですのでギリギリではなく余裕を持って少し大きめサイズのランドセルを選ぶ方が良いという事ですね。当店はすべて、A4フラットサイズ対応ですので、どんな配り物があってもしっかり入ります。

2つのサイズのランドセルって重さは違うの?

2つのサイズのランドセルを比べてみて重さはどのくらい違うのでしょうか。A4フラットファイル対応の方が、約100g(ノート一冊分弱)重くなります。あまり変わらないとも言えますね。こうしてみると、「重さにそれほど違いはない」「大は小を兼ねる」ことから、A4フラットファイル対応のサイズのランドセルを選べば、使い勝手に間違いはないという結論になります。
また、使用する素材により、ランドセル自体の重さも変わります。素材と重さについて詳しく知りたい方は下記をご覧くださいませ。
ランドセルの素材豆知識

当店のランドセルはすべてが収納力抜群!

ランドセルの大きさ

当店はすべてフラットサイズ対応のランドセルです。また、子供の背中にしっかりフィットするように肩ベルトなども作られております。重いランドセルでもし軽く感じる作りになっています。大きさに迷われた方は是非、こちらの記事を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧へ戻る

topへ
澤田屋ランドセルが安くて高品質の秘密とは?澤田屋ランドセルが安くて高品質の秘密とは?