澤田屋ランドセル自慢の3シリーズ徹底比較!ディオ・ラティブ・アウトレット

「ランドセルって高いなぁ」と、思っている方はきっと多いはずです。

年々価格が上がっているランドセル。あるデータによると、2016年の平均価格は4万円を超えています。そんな中、澤田屋ランドセルは、「お手頃な値段で高品質のランドセルを」のコンセプトのもと、みなさまに自信ある商品をご提供しています。

その秘密は二つ。一つは、提携工場から直接仕入れる事で、中間マージンをカットしていること。もう一つは、Webに特化した販売方法。店舗の維持や広告などのコストを押さえることで、低価格を実現しています。

とはいえ、6年間使い続けるランドセル。「実際に子どもに背負わせたい」「カラーや重さを直接確認したい」と思う方も多いと思います。そんなお客様のために、毎月1回ほど、大阪や東京などで不定期に試着会を開いています。

1月末に大阪市内で開催した試着会。お客様から、いろいろな質問をいただきました。その中でも、みなさまの参考になりそうな「Q&A」をご紹介しますね。

澤田屋ランドセルには、3つのラインナップがあります。

【プレミアムディオ】
【プレミアムラティブ】
【アウトレット】

「3つのランドセルは何が違うの?」
お客様から一番よく聞かれる質問です。値段によって、耐久性や素材に違いがあるの?と気になりますよね。

3つのシリーズ徹底比較

まずは3つのラインナップに登場してもらいましょう。選手入場~♪

【プレミアムディオ(女の子用)】 ¥34,800

当店人気ナンバーワンのランドセル。自動ロックで、開け閉めが簡単。多彩なカラーとデザインが大好評です。

【プレミアムラティブ(男の子用)】 ¥29,800


スポーティーなデザインのランドセルです。ブラックを基調にイエロー色が入ったコンビ系。背負い心地もよく、背中のムレを限りなく減らす仕様です。活発なお子さまにピッタリ!

【アウトレット(男の子用)】¥21,000


「アウトレット」という名前ですが、売れ残り製品ではありません。過去に人気のあったカラーを改良して再販しているモデル。シンプルなデザインと豊富なカラーが特徴です。こちらは手動ロック。

3シリーズの違いは?

この3つのシリーズ、何が違うのでしょうか?

実は、素材や耐久性、容量などに違いはありません。大きさはすべてA4フラットファイル。

違う点は、

・「アウトレット」=手動ロック。デザインがシンプル。お求めやすいお値段。
・「プレミアムラティブ」=自動ロック。刺繍やロゴが入ったおしゃれなデザイン。
・「プレミアムディオ」=自動ロック。「マチ」がないタイプ。
(マチとは、ランドセルの角の出っ張り部分。内寸は同じだけど、外側はすっきり。この技術を取り入れているランドセルはとても少ないのです。)

>>「マチ」説明はこちら

シンプル派は「アウトレット」、おしゃれ派は「プレミアムラティブ」、こだわり派は「プレミアムディオ」といったところでしょうか。予算と相談しながら、お子さんのお気に入りのデザインを見つけてください。ちなみに、高価なデザインから在庫がなくなっているそうです。お目当てのランドセルがある方は、お早めに。

また、4月からは新しいラインナップが登場します!お楽しみに。

3シリーズの詳しい説明はこちらも参考にしてくださいね。
>>各シリーズの説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧へ戻る

クーポン券